緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 鎮静の適応と意思決定過程

「緩和ケア」2016年7月号
鎮静の適応と意思決定過程

前田 紗耶架(京都大学医学部附属病院緩和ケアセンター/緩和医療科)
恒藤 暁(京都大学医学部附属病院緩和ケアセンター/緩和医療科)

苦痛緩和のための鎮静(palliative sedation therapy:PST)は,ヨーロッパ緩和ケア学会(European Association for Palliative Care:EAPC)では「モニタリング下に鎮静薬を用いて患者の意識を低下させることにより,緩和困難な症状による耐え難い苦痛を緩和すること」と定義されている。実際の臨床現場で終末期の患者に対して実施されているものの,これまでに報告されている実証研究からは,PSTとして行われる行為には多様性があることが示唆される。
本稿では,PSTの適応および意思決定について,各ガイドラインの推奨を比較し,現時点でのベストプラクティス・今後の課題について検討した。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.4

緩和ケア 2016年7月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る