緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 鎮静に使用する薬剤は何か,どういう投与方法が一番良いか?

「緩和ケア」2016年7月号
鎮静に使用する薬剤は何か,どういう投与方法が一番良いか?

今井 堅吾(聖隷三方原病院ホスピス科)
川口 崇(東京薬科大学医療実務薬学教室)

鎮静における薬物投与に関するガイドラインの系統的レビューでは,MEDLINEの定義に該当するガイドライン9つ(日本のガイドラインを含む)がレビューされた。
1. 鎮静薬
特定の薬物について7つのガイドラインが記されている。そのうち5つではミダゾラムを一般的に,あるいは特定の状況で第1選択薬として推奨し,2つでミダゾラムを最も頻繁に使用されている薬物として記している。世界のガイドラインのミダゾラムによる鎮静の適応,投与方法の比較を表1に示す。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.4

緩和ケア 2016年7月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る