緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 鎮静を受ける患者の家族に対して,どのようなケアを行うべきか?

「緩和ケア」2016年7月号
鎮静を受ける患者の家族に対して,どのようなケアを行うべきか?

寺側 優里(上尾甦生病院看護部)

患者の抱える耐え難い苦痛の緩和を目指し,家族は鎮静における評価・意思決定に関与している。この過程で家族はさまざまな精神的な葛藤を抱えやすく,その家族のつらさを和らげる看護ケアが必要である。わが国における鎮静のガイドラインをもとに,鎮静を受ける患者の家族へのケアについて1事例を通して考える。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.4

緩和ケア 2016年7月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る