緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 鎮静に関わる看護師の負担感

「緩和ケア」2016年7月号
鎮静に関わる看護師の負担感

中山 祐紀子(越川病院看護部)

鎮静は治療抵抗性のさまざまな苦痛に対する緩和医療の手段の1つとして認識されている。私は,鎮静を実施するたびに,無力感や負担感を感じているように思う。鎮静開始数時間後に患者が亡くなり,家族から「安楽死させてもらってよかった」と言われた経験や,患者とコミュニケーションがとれないことに怒りを表出した家族への関わりなどが思い出される。
今回,鎮静に関わる看護師の負担感に関する系統的レビュー論文をもとに,看護師の負担を軽減する方法について考えてみたいと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.4

緩和ケア 2016年7月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る