緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<10> フェンタニル貼付剤の貼りすぎにご注意!

「緩和ケア」2016年7月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<10> フェンタニル貼付剤の貼りすぎにご注意!

山本 亮(JA長野厚生連佐久総合病院佐久医療センター緩和ケア内科)

● 大量のフェンタニル貼付剤を使用していても鎮痛が不十分な場合がある
● この理由としては,薬理学的な問題や,耐性が考えられる
● このような場合には,やみくもにフェンタニル貼付剤を増やすのではなく,一部を他のオピオイドに変更してみる

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.4

緩和ケア 2016年7月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る