緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 進行がん患者の予後予測指標の全体像と今後の展望─余命の予測はどこまで可能になるか?

「緩和ケア」2016年9月号
進行がん患者の予後予測指標の全体像と今後の展望─余命の予測はどこまで可能になるか?

森田 達也(聖隷三方原病院緩和支持治療科)

本論文では,日本が世界の研究をけん引している領域の1つである終末期がん患者の生命予後の予測に関する研究のこれまでの経緯と今後がわかるように解説したい。興味のある読者は,できれば,2冊の代表的な教科書の該当章をよむと世界からみた位置づけがより明確になる。一読をおすすめする。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る