緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 予後予測指標を理解するために必要な統計学的知識

「緩和ケア」2016年9月号
予後予測指標を理解するために必要な統計学的知識

前田 一石(ガラシア病院 ホスピス科,GRACEセンター)

緩和ケアでは,残された時間のなかで患者さん・ご家族の希望に沿ったケアを提供すること,よりよい時間を過ごしていただくこと,死への準備が
できることなどが重要であり,そのために臨床家はできるかぎり正確な予後の見通しを示す必要がある。さまざまな予後予測ツールが利用されているが「どうやって使ったらいいか分からない」「臨床的な感覚とずれる,当たらない」などと感じている方も多いのではないだろうか。
本項では,読者にもなじみ深いPalliative Prognostic Index(PPI)を例として解説し,「予後予測ツールはどうやって作られているの?」「感度・特異度って何?」「臨床で使いにくい,当たらないのはなぜ?」などの疑問に答えられればと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る