緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (1) Palliative Prognostic Scale(PaP score),D-PaP

「緩和ケア」2016年9月号
日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (1) Palliative Prognostic Scale(PaP score),D-PaP

柏木 秀行(飯塚病院緩和ケア科/地域包括ケア推進本部)

「この患者さんの予後は,あとどれくらいだろう?」という疑問は,わが国だけでなく諸外国の医療者にとっても重要かつ難しい問題である。そのため,これまで世界各国で生命予後を予測する方法が開発および研究されており,本項で取り扱うPalliative Prognostic Score( 以下,PaP score)はわが国で開発されたPalliative Prognostic Index(以下,PPI)と並び,予後予測に関する代表的ツールの“元祖”といっても過言ではない位置づけである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る