緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (3)Prognosis in Palliative care Study predictor models(PiPS models)

「緩和ケア」2016年9月号
日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (3)Prognosis in Palliative care Study predictor models(PiPS models)

馬場 美華(吹田徳洲会病院緩和医療科)

2011年にイギリスで開発された新しい指標であるPrognosis in Palliative care Study predictor models(PiPS models)は,原発,いずれかの遠隔転移,肝転移,骨転移,認知機能(Mental Test Score),脈拍数,食欲不振,倦怠感,呼吸困難,嚥下困難,体重減少,ECOG(Eastern
Cooperative Oncology Group)のPerformance status,Global Health,白血球数,好中球数,リンパ球数,血小板数,尿素,ALT(GPT),ALP,アルブミン,CRPから得点を算出し,14日以下(日単位),15日から55日(週単位),56日以上(月/ 年単位)を予測する1)。PiPS modelsは,血液検査の結果を必要としないPiPS-Aと,血液検査の結果を必要とするPiPS-Bに分かれている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る