緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (4)あなたの患者さんが亡くなったら驚きますか?─サプライズクエッション

「緩和ケア」2016年9月号
日単位,週単位,月単位の余命を予測するための指標たち (4)あなたの患者さんが亡くなったら驚きますか?─サプライズクエッション

浜野 淳(筑波大学医学医療系)

サプライズクエッションは,プライマリ・ケア医がEnd-of-life care (EOL care)に関わるきっかけをつくり,より適切なタイミングでEOL careが必要な方を見つけるために「Would you be surprised if any of these patients died in the next 12 months」という質問をプライマリ・ケア医に問いかけ,答えが「No, I would not be surprise」だったら,EOL care programに紹介してもらうプロセスをアメリカのDr.Pattisonが提唱したことが起源であるといわれている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る