緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 時間,日の単位の余命を予測するための指標たち─「今日は大丈夫か」「いよいよ今夜か」を見積もる

「緩和ケア」2016年9月号
時間,日の単位の余命を予測するための指標たち─「今日は大丈夫か」「いよいよ今夜か」を見積もる

白土 明美(聖隷三方原病院ホスピス科)
森 雅紀(聖隷三方原病院緩和ケアチーム)
森田 達也(聖隷三方原病院緩和支持治療科)

患者が「死亡直前」であることを診断することは,医療者のみならず家族にとっても重要である。科学が進んでも,「患者がいつ死亡するか」はまだ
はっきり予測することができない。そのため,「う〜ん……そろそろだとは思いますが,“いつ”かははっきり言えないですね。今日明日でもおかしくないですし,数日から1 週間がんばられるかも」といったあいまいな説明にならざるを得ない。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る