緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<11> 腹部膨満感にジアゼパムを使ってみる

「緩和ケア」2016年9月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<11> 腹部膨満感にジアゼパムを使ってみる

廣橋 猛(永寿総合病院がん診療支援・緩和ケアセンター)

● 悪性腹水や腹部膨満感の緩和は難渋することが多い。
● 頻回な腹腔穿刺を要する事例などで,利尿剤やオピオイドの効果も限定的な場合,筋弛緩作用をもつジアゼパムを使用してみる。
● ジアゼパムによる緩和効果と,眠気やせん妄などの副作用を総合的に判断する必要がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る