緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 抗がん治療の中止と意思決定に関わる最近のエビデンス

「緩和ケア」2016年5月号
抗がん治療の中止と意思決定に関わる最近のエビデンス

森田 達也(聖隷三方原病院緩和支持治療科)

侵襲の少ない抗がん治療が次々と開発され,患者家族の治療への期待も高まるなか,国際的に「抗がん治療をいつ・どうやって中止するべきか」は大きな医学のトピックになっている。本稿では,抗がん治療の中止と意思決定研究に関する国内外のエビデンスを紹介し,オーバービューとしたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る