緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がん治療医とのやり取りを中心に

「緩和ケア」2016年5月号
がん治療医とのやり取りを中心に

森 雅紀(聖隷浜松病院緩和医療科)
伊藤 智恵(聖隷浜松病院看護部)

進行期がん患者において標準的な抗がん剤治療が奏功しなくなり,全身状態の憎悪のため抗がん治療の継続が困難になっても,抗がん治療中止の話がなされないまま治療が継続されることがある。抗がん剤治療の中止は,患者家族だけでなく医療者にとっても困難を伴う決断である。このような時,緩和ケアチームはどのようにがん治療医や病棟看護師と協働し,患者・家族の意思決定支援に関与すればよいのか,考えてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る