緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 抗がん剤の継続や中止についての意思決定に,緩和ケアチームはどう関わったらよいか?─困難事例への介入のコツ

「緩和ケア」2016年5月号
抗がん剤の継続や中止についての意思決定に,緩和ケアチームはどう関わったらよいか?─困難事例への介入のコツ

廣橋 猛(永寿総合病院がん診療支援・緩和ケアセンター)

抗がん剤治療をどこまで継続するか,どこで中止にするかという意思決定は,患者の人生を左右する大きな意味をもつ意思決定となる。患者・家族にしてみれば,死を意識するきっかけにもなり,大きな衝撃であることを医療者は忘れてはならない。この意思決定の多くは,がん治療医と患者・家族の間において行われるが,緩和ケアチームにおいても大切な役割があり,その関わりにおいて筆者の考えるコツをまとめたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る