緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 意思決定支援に関する最近のTOPICS  (2)Decision Aidを日本の臨床で活用する

「緩和ケア」2016年5月号
意思決定支援に関する最近のTOPICS  (2)Decision Aidを日本の臨床で活用する

浦久保 安輝子(国立がん研究センターがん対策情報センター)

終末期の治療や療養に関連した患者と医療者間のコミュニケーションにはしばしば困難が伴う。例えば,化学療法を受けている終末期がん患者においては,その効果に関して過剰な期待をもっている場合も少なくないとされる。一方で,医療者はしばしば終末期に関する議論は難しいと感じており,その理由の一例に,患者の不安を高めたり,希望を失わせることへの怖れがあるとされる。死期直前の化学療法は患者のQOLを低下させるとの報告もあることから,化学療法の中止や緩和ケア,療養場所の選択などの重要な意思決定がよりよい形でなされるように,患者と医療者間のコミュニケーションを一層支える仕組みが求められる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る