緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 抗がん剤の継続や中止について苦悩する必要はない─「継続か中止か」に関する腫瘍内科医の考察

「緩和ケア」2016年5月号
抗がん剤の継続や中止について苦悩する必要はない─「継続か中止か」に関する腫瘍内科医の考察

高野 利実(虎の門病院臨床腫瘍科)

「抗がん剤をいつやめたらよいのか(いつまで続けたらよいのか)のエビデンス:治療の継続・中止に関わる腫瘍内科医の苦悩〜意思決定に腫瘍内科医はどう関わったらよいのか?」というタイトルで原稿依頼をいただいた。最近,緩和ケアやサイコオンコロジーの学会や研究会で,同様のテーマの講演依頼をいただくこともある。
私のような腫瘍内科医の意見を聞こうとしてくださるのは,本当にありがたいし,緩和ケアと腫瘍内科の目指すところは同じで,がん患者さんのためにともに取り組むべきだと考えている私としては,緩和ケア医の先生方と,こういう機会を通じて率直な意見交換をし,両者の距離を縮めながら共通の方向性を考えられるというのは,とても素晴らしいことだと感じている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る