緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<9> イフェンプロジルの効果と限界

「緩和ケア」2016年5月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<9> イフェンプロジルの効果と限界

余宮 きのみ(埼玉県立がんセンター緩和ケア科)

● 眠気を避けたい,車の運転をしたい患者での鎮痛補助薬として。
● ケタミン中止後,痛みが再燃する場合に。
● 投与後の効果が明確なら継続,不明確な場合は中止,痛みが再燃するなら再開。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る