緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 見学では分からない海外事情<9> 米国の病院でのチャプレンの実習─仏教修行として

「緩和ケア」2016年5月号
見学では分からない海外事情<9> 米国の病院でのチャプレンの実習─仏教修行として

古村文伸(Chaplain Resident, Department of Pastoral Care, Hospital of the University of Pennsylvania)

私は現在,米国東部フィラデルフィアにあるペンシルベニア大学病院のチャプレンレジデント(1年間の研修生)です。チャプレンはスピリチュアルケアを提供する宗教者の専門職です。米国では病院,ホスピスなどの医療機関のほか,学校,軍隊,刑務所,警察,消防,プロスポーツチームなどにチャプレンが配置されています。もともとキリスト教会で生まれた職ですが,ユダヤ教,イスラム教,仏教などのチャプレンもいます。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.3

緩和ケア 2016年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る