緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 現場におけるせん妄の予防と早期発見・早期対応への取り組み─教育的介入とシステムの導入と構築

「緩和ケア」2016年3月号
現場におけるせん妄の予防と早期発見・早期対応への取り組み─教育的介入とシステムの導入と構築

矢野 和美(東京逓信病院看護部)
吉永 貴世美(東京逓信病院看護部)

先行研究では,看護師を対象にせん妄予防のガイドラインを使用した教育的介入をしたところ,根拠のあるせん妄予防ケアの積極的実践ができ,医師へのせん妄の可能性を進言する意識の向上などがみられている。さらに同研究では,せん妄予防ケアは教育的介入だけでなく,組織的な戦略が必要と報告されている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.2

緩和ケア 2016年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る