緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > せん妄に対する抗精神病薬(1) せん妄に対する抗精神病薬の使い分け

「緩和ケア」2016年3月号
せん妄に対する抗精神病薬(1) せん妄に対する抗精神病薬の使い分け

根本 清貴(筑波大学医学医療系臨床医学域 精神医学)

緩和ケアにおいて,せん妄は切っても切り離せない病態であり,患者本人,家族,医療者の皆が苦しむものである。そのようななか,せん妄に対する適切なマネージメントは,現場の苦しみを和らげるために重要である。せん妄は,まず原因を探り,その原因に対処する(脱水があれば補液する,感染症があれば,抗菌薬で治療する)ことが必要である。しかし,せん妄は,時に錯乱状態や幻覚妄想状態を惹起しうるため,対処療法も必要となる。そのような時に用いられるのが抗精神病薬である。抗精神病薬は時に敷居が高く感じられることもあるが,基本をおさえることで,使うコツがわかってくる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.2

緩和ケア 2016年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る