緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > せん妄治療薬の頓用の工夫(1) 頓用指示を“出す際に”気をつけること

「緩和ケア」2016年3月号
せん妄治療薬の頓用の工夫(1) 頓用指示を“出す際に”気をつけること

山川 宣(神戸医療センター緩和ケア内科)

不眠・不穏時
アタラックスPⓇ(ヒドロキシジン)1A筋注・セレネースⓇ(ハロペリドール)1A・リスパダールⓇ(リスペリドン)1包

これらはせん妄では非常に曖昧な指示で,不都合なことが少なくない。頓用指示は,適切な状況で適切な薬剤が求められる一方で,使用の最終判断は看護師が行うため,特に入院時定型指示などの頓用指示は想定通りになるとは限らず,安全の担保が重要となる。これらを考えるうえでは,薬剤の特性の把握が欠かせない。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.2

緩和ケア 2016年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る