緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 低活動型せん妄への対応

「緩和ケア」2016年3月号
低活動型せん妄への対応

谷向 仁(京都大学大学院医学研究科臨床腫瘍薬理学・緩和医療学講座)
山口 崇(神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科)

せん妄は意識障害が中核症状であり,脳機能および行動面において様々な影響が現れる。身体治療の現場において高い頻度で認められ,医療者のほとんどが遭遇する病態であるにもかかわらず,見過ごされていたり,発見が遅れることがしばしば起こる。なかでも低活動型せん妄は,過活動型せん妄に比べて活発な症状に乏しいため,より見過ごされやすく,抑うつ状態と間違われることも非常に多い病態である。本稿では,臨床現場で見逃されやすい低活動型せん妄について,そのインパクト,診断のポイント,治療やケアについて概説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.2

緩和ケア 2016年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る