緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 見学では分からない海外事情<8> カナダにおけるホスピスケア─1人の日本人ソーシャルワーカーの体験

「緩和ケア」2016年3月号
見学では分からない海外事情<8> カナダにおけるホスピスケア─1人の日本人ソーシャルワーカーの体験

ボガ志津子(ソーシャルワーカー)

筆者が勤務するAホスピスは,カナダ西部アルバータ州に位置する人口120万人都市カルガリーにあります。カルガリーには,6つのホスピスがありますが,Aホスピスはその中でも成人末期患者用ベッド20床を抱える大きめの独立型ホスピスです。
Aホスピスは,interdisciplinary team(合同チーム)アプローチによるホスピスケアを提供しています。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.2

緩和ケア 2016年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る