緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ひとりで抱え込まないでね

「緩和ケア」2016年6月増刊号
ひとりで抱え込まないでね

遠藤 貴子(静岡県立静岡がんセンター看護部)

がんと診断された瞬間,今まで生きてきた世界がまったく別の世界に変わってしまう。命に有限性があることを急に目の前に突きつけられ,将来への希望が絶たれ,未来が見えない出口のない混沌とした世界に,たった1人放り出されるのである。その苦悩の中,がん患者さんはさまざまな選択を迫られ,いろいろなことを一時的に,あるいは永久的に手放したり,自分の価値観そのものの優先順位を変更し,新しい生き方を模索しなければならなくなる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る