緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 未来には幅がある

「緩和ケア」2016年6月増刊号
未来には幅がある

橋本 孝太郎(医療法人社団爽秋会ふくしま在宅緩和ケアクリニック)

入院中や外来診療と同様に,在宅療養中もたくさんの選択の連続だ。患者・家族は治療法の選択,薬剤の選択,療養場所の選択,介護サービスの利用など…と数多くの選択を迫られる。たとえば,患者の病状が思わしくない時に今後どのような方針で療養を続けていくかという大きな流れを話し合う場合もあれば,また,特定の医療行為(点滴や胃瘻など)を実施するかどうか,そのタイミングについてなど細かい判断に関わる話し合いをする場合もある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る