緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 気にかけています。うまくいってほしいなぁ,と私も心から願っています

「緩和ケア」2016年6月増刊号
気にかけています。うまくいってほしいなぁ,と私も心から願っています

黛 芽衣子(帝京大学医学部附属病院緩和医療学講座)

この2つの言葉を言ったところでたちまち信頼を獲得できるわけではない,という点で「ミラクル度」は高くはない。しかしながら,緩和ケア医師として筆者の基本的姿勢を端的に表現できる言葉としてこれらの言葉を選択した。
「気にかけています」は「私はあなたの役に立ちたい。いろいろうまくいかない状況だろうけれど,私の知識,チームで相談,読む,調べる,すべてを総動員して全力で考えるから (I promise that we will do our very best)」という感じで使う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る