緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 応援しています

「緩和ケア」2016年6月増刊号
応援しています

佐々木 常雄(がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長)

「もう治療法はなくなりました」
「今の治療は効かなくなりました。もう,緩和しかありません」
自己決定が医療の基本であり,自己決定のためには,たとえ冷たいと思われても患者に真実を告げることが当たり前の時代となってしまいました。
しかし,この言葉は人生で一番つらい言葉なのです。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る