緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ご家族だからこそですね

「緩和ケア」2016年6月増刊号
ご家族だからこそですね

吉田 沙蘭(東北大学大学院教育学研究科)

「家族なのに何もしてあげられない」そんな言葉を耳にしたことはないだろうか? 大切な人が病気になった時,家族には「何かしてあげたい」という思いが募る。しかし治らないと言われた時,残された時間がわずかになった時…その思いとはうらはらに,そばに付き添い,励まし,支えていても,抗えない病状の進行にともない日々弱っていく患者さんの姿を目の当たりにする。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る