緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > そうなるといいですね

「緩和ケア」2016年6月増刊号
そうなるといいですね

松本 禎久(国立がん研究センター東病院緩和医療科)

残された時間が限られた患者さんとそのご家族は,患者さん自身のおかれている状況が厳しいことを理解しつつも,実現がきわめて難しいと考えられる「好ましい未来」を期待する言葉を発することがある。そのような場面で,極端にいうならば「偽り」ともいえる,ほとんど期待できないことに期待をもつ患者さん・ご家族の発言を訂正しないことに抵抗を感じる医療者もいる。その結果,医療者は,患者さん・ご家族が病状を理解していないと感じ,認識を正そうとさらなる病状説明を行うことがある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る