緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 仕事は何をしてこられましたか? 出身地はどちらですか?

「緩和ケア」2016年6月増刊号
仕事は何をしてこられましたか? 出身地はどちらですか?

宮森 正(川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター)

患者さんと話をするきっかけとして,われわれの目の前にいるのは,たまたま,病気を抱えた存在としての患者さんであり,病と障害を抱えているのが前提となっているが,本来の人物としては,実は,普通の職業人であり,家庭人である。リタイアしていれば,長い人生や家庭の歴史を背負った老人であったりする。われわれは,つい,病者としての患者さんのみを相手にしてしまうが,それは,このほんの数カ月前には,考えられなかった姿であることを,理解する必要がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る