緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 心のタンクはどれくらい?

「緩和ケア」2016年6月増刊号
心のタンクはどれくらい?

田中 桂子(がん・感染症センター都立駒込病院緩和ケア)

人生を大きく変えてしまうような重大な病を抱える患者さんとそのご家族に寄り添う「緩和ケア」という仕事を,私たちは自らの意思で選択しました。とてもやりがいがあり,たくさんのプレゼントをいただける一方で,患者さんご家族と共に悩み,共に苦しむ中で,時にエネルギーを吸い取られ,時に心が傷つき折れることもあります。心が揺り動かされることの多いそんな職場で毎日奮闘する中で,私たち自身に心の余裕がないと患者さんやご家族の心のケアはとてもできません。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る