緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > こころではなく脳細胞の反応だと思いますよ

「緩和ケア」2016年6月増刊号
こころではなく脳細胞の反応だと思いますよ

上村 恵一(市立札幌病院精神科)

大切な家族を亡くし悲嘆にくれている遺族は,亡くした家族に対して後悔や自責の念がついてくる。ことさら,家族の最期の時間が少しつらそうだったり,急な病状の変化で最期が急だったりすると,余計に遺された家族は心理的反応が強く生じていることが多いように思われる。
遺族を対象にした外来を開いていると,「気持ちの整理がつかない」という主訴で来院される方が多い。特に,家族の死に対して何らかの心的外傷体験があった場合,遺影を見たり,記念日を迎えたり,亡くした家族の知人などが急に連絡してきた場合に生じる自分の気持ちの強い動揺にいらつくことも多い。「すでにどうすることもできない家族の死」を受容できない自分に苛立ち,動揺を周囲に見せてしまったことに苛立ち,自分がかくも弱い人間であったのかと絶望することはさらに強い心理的動揺を生んでしまう。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る