緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 何があっても,あなたはあなた

「緩和ケア」2016年6月増刊号
何があっても,あなたはあなた

高田 芳枝(栃木県立がんセンター看護部)

この言葉は自分が実際にかけられて,とても救われた思いになったひと言である。人は人生の中で,それまでの価値観やアイデンティティーを崩されるような体験をすることがある。がんと診断されることもそのうちのひとつあろうし,がんの治療によって自身のボディーイメージが変化したり,日常生活上での制限が加わったりする。病状の進行によっては今まで出来ていたことが出来なくなったり,何か大切なものを手放さなくてはいけなくなったり,そんな体験によって自分の価値観の変更を迫られたり,アイデンティティーが崩れてしまうことがある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る