緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 安心していたと思います

「緩和ケア」2016年6月増刊号
安心していたと思います

倉持 雅代(浅草医師会立訪問看護ステーション)

大事な人が亡くなるということは,その家族(遺族)にとって,大変な衝撃である。どれだけのことをしても,後悔が残り,喪失感と悲嘆の中で生きていく。どれだけ時間が経っても,どれだけ慰められても,こみあがってくる悲しみは消せるものではないであろう。
だが,看取りまで一緒にケアを行い,看取りの場面に立ち会わせてもらったわれわれは,その家族が少しでも悲しみを減らして明日からも前に歩いていって欲しいと願う。
この言葉がどれだけその家族の癒しにつながっているかは分からないが,それでもやはりこう声をかけてしまう「あなたがいて安心していましたよ」。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る