緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > こんなふうに見てほしいのではないですか?

「緩和ケア」2016年6月増刊号
こんなふうに見てほしいのではないですか?

大坂 巌(静岡県立静岡がんセンター緩和医療科)

人は,自分が最も輝いていた時の自己のイメージを抱きながら生きているのかもしれない。しかし,他者にそのことを理解してもらえる機会は非常に少ない。齢を重ね,壮年期や老年期を迎えると,あの時は良かったとか,あの時に戻りたいと回想するのであろう。ましてやがんにより命が限られた状態になった患者さんが,最も輝いていた時の自分や大切にしている自分の心象を誰かに知ってほしいと願うのは,ごく自然なことであると思われる。
患者と医療従事者という関係性と限られた時間の中では,その人自身を深く理解することは容易なことではない。しかし,患者が大切にしている“自分”に思いを馳せ,われわれが感じたことを伝えることで患者が本来の輝きを取り戻すきっかけになることもある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る