緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > どちらを選ばはっても,必ず後悔するもんですわ

「緩和ケア」2016年6月増刊号
どちらを選ばはっても,必ず後悔するもんですわ

中西 弘和(同志社女子大学医療薬学科)

人間の欲望は果てしがない,1つでは満足できず,次々と欲望が沸いてくる。しかし,その欲望が叶えられなくなると,人は悲しみ,苦しみ,後悔する。たとえば,いくつかの選択肢から1つだけしか選択できない場合,明らかに満足できる選択肢を選びたいと人は思う。選んだ結果が期待以上であれば満足できるが,期待を下回れば不満が残る。特に,選択する時から結果に満足できないことが分かっている時は,なかなか決めることが難しく,決めてしまった後も,選んだ選択肢で本当に良かったのか,違う選択肢を選んだら結果はもっと良かったのではないか? など,悩みが続く。
筆者の「どちらを選ばはっても,必ず後悔するもんですわ」を使う意図は「一生懸命考えて考えて,悩んで,苦しんで,その果てで選んだことには,その結果がどうであれ,選んだほうが最良ですよ」を伝えるためである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る