緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > あなたのためにできることがあると私たちは思っています

「緩和ケア」2016年6月増刊号
あなたのためにできることがあると私たちは思っています

永山 淳(国家公務員共済組合連合会浜の町病院緩和医療内科)

筆者が働いている病院は,県指定のがん診療拠点病院として,地域のがん診療の一翼を担っており,外来・入院ともに,数多くのがん患者さんが治療に取り組まれています。緩和ケアの機能としては,緩和ケアチームと,緩和ケア外来,さらに10床程度の規模ながら,症状緩和とエンド・オブ・ライフケアのための緩和ケア病床もあります。つまり,がん治療に直結した場で,さまざまなフェイズの緩和ケアを提供しています。そのような環境の中,がん治療医から,あるいは受け持ち看護師から,「緩和ケアについて説明して欲しい」と,緩和ケアチームや緩和ケア外来に依頼が寄せられ,「抗がん治療を継続することが最適といえない状況になった」患者さん・ご家族と対話する役割を担うことが,しばしばあります。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る