緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 病気によってもたらされたことはすべて100%悪かったの?

「緩和ケア」2016年6月増刊号
病気によってもたらされたことはすべて100%悪かったの?

関根 龍一(亀田総合病院疼痛緩和ケア科)

進行がんなどの生命を脅かすような体験があっても,それによるさまざまな困難や試行錯誤を経た後にその困難を乗り越え,病前の時以上に前向きにたくましく生きている患者さんやご家族に私たちは日常的に出会う。困難を乗り越え前向きに生きていく私たちに備わった力のことをレジリエンス(resilience)という。レジリエンスは個人差が大きいとはいえ,人なら誰にでも備わった内面の力ともいわれる。普段の緩和ケア診療において,患者さんとそのご家族にもともと備わったレジリエンスをどうやったらうまく引き出すことができ,これを強化できるのか,というきわめて重要な臨床疑問がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る