緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 元気なうちに緩和ケア。私が後悔したくない

「緩和ケア」2016年6月増刊号
元気なうちに緩和ケア。私が後悔したくない

岡本 禎晃(市立芦屋病院薬剤科)

緩和ケア病棟への入院は患者にとって一大決心である。しかも,それがあらゆる抗がん剤を投与され,「これ以上投与すると危険です」「よく頑張られましたが,次の手はありません」「もうここではすることがありませんので,転院先をご紹介します」などと言われ,身心ともに疲弊した状態での転院は想像を絶する。
しかし,事前に緩和ケア病棟のイメージがあると,この時の衝撃は和らぐように思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る