緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 病気のことはどのように聞いていますか?(2)

「緩和ケア」2016年6月増刊号
病気のことはどのように聞いていますか?(2)

倉持 雅代(浅草医師会立訪問看護ステーション)

ごく当たり前の問いかもしれないが,医師から説明されている内容と,患者の理解が一致しているかどうかを確認し,今後の生活をどのようにサポートできるのか患者と家族と一緒に考えていくために使っている。
患者が病気のことをどのように聞いているか,どのように理解しているかを聴いていく中で,患者自身の病気のこと,病気になってから過ごしてきた経過や思い,これからの生活に対する思いが語られる場合も多く,ひと言の投げかけで相手を知るきっかけにつながる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る