緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > どんな状態でも家には帰れますよ

「緩和ケア」2016年6月増刊号
どんな状態でも家には帰れますよ

柏谷 優子(辻仲病院柏の葉緩和ケア病棟)

普段自分がよく使う言葉を思いつかなかったので,前職場の同僚に助けを求めた。頻度が高くかつインパクトに残っている言葉として挙げられたものに「どんな状態でも家には帰れますよ」があった。この言葉の意図するところは,あきらめないで,選択の幅を勝手に狭めないでください,ということである。入院療養計画書には必ず入院目的が記載されているが,目的達成の評価が曖昧なまま,あるいは目的修正の話し合いがもたれないまま入院継続していることも少なくないように思う。ADLの改善や病勢のコントロールが困難な場合など,いわゆるバッドニュースの共有が先延ばしになっている場合などである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る