緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > お家に帰って何かしたいことはありますか?

「緩和ケア」2016年6月増刊号
お家に帰って何かしたいことはありますか?

清水 政克(医療法人社団清水メディカルクリニック)

私は,すべてのことを決める権利は患者さんにあると考えています。これからの治療をどうするのか,どこで療養するのか,どのように生きるのか,最期をどうするのか,どこで最期を迎えるのか,などなど,すべては患者さんの意向が大切だと思っています。そして,人間誰しも何かをしたい時には,それ相応の理由があるものです。残念ながら治らない病気になって病院に入院している患者さんが,「家に帰ろう」と考える時はなおさらでしょう。
日頃,入院先の病院からわれわれのところに「看取り目的の退院です」と記載された紹介状が送られてくることがよくあります。しかし「死ぬために家に帰る」という患者さんはおそらく少数派ではないかと筆者は思います。「看取る」という言葉の主語は患者さんではありません。多くの患者さんは,家で精一杯生ききった結果として,在宅でわれわれに「看取られる」ことになるのではないでしょうか。そして,患者さんが「家に帰って最期まで精一杯生ききる」ために在宅緩和ケアを選択する時,彼らは一体どんな希望や願いをもっているのでしょうか。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る