緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 最後の瞬間は苦しくなかった

「緩和ケア」2016年6月増刊号
最後の瞬間は苦しくなかった

橋本 孝太郎(医療法人社団爽秋会ふくしま在宅緩和ケアクリニック)

がん・非がんにかかわらず,在宅療養開始時に患者家族は遠からず訪れる死のイメージを明確には描けない,または描いていない場合が多い。これには核家族化,病院死が一般化したことなどのために親族の死を目の当たりにしたことがない,看病の経験がないことが背景にある。仮に,イメージをもっていたとしても一昔前に病院で見た(もしかすると現在の病院でも目にする)かもしれないような,テレビドラマで見るような,管だらけの状態を考えている場合が多く,死ぬ時はひどい痛みを伴う,ひどい苦しみを味わわなければならないと信じている人は意外に多いのが現実だ。また,家族・親族らが抱く最期の瞬間に「呼吸が止まる」ということのイメージは,急性窒息のように「まだ自力で呼吸が可能な状態であるにもかかわらず,何らかの原因によって強制的に呼吸ができなくなる状態」となってしまうものと考えていることが少なくない。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る