緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 感謝の言葉を伝えてみましょうか

「緩和ケア」2016年6月増刊号
感謝の言葉を伝えてみましょうか

向井 美千代(北播磨総合医療センター緩和ケア病棟)

看取りが近づいてきている際に,ご家族が患者さんの様子をじっと見つめ,張り詰めた空気が病室に流れていることがある。患者さんの呼吸に合わせて「頑張って!」「呼吸しないとダメじゃない」と身体を揺さぶっている場面に何度か遭遇したことがある。1分,1秒でも長生きして欲しい。そう思っているご家族の気持ちは痛いほど分かる。しかし,お別れの時はすぐそこに来ている。そういった時に「今度は感謝の言葉も伝えてみましょうか」と伝えてみる。最期に,感謝の言葉を伝えられなかったという後悔を残さないように会話を促すのである。時には,廊下に響きわたるほどの大声で「頑張って〜,死なないで〜」と叫ばれているご家族もいる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る