緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 普通の亡くなり方に近づけるためです

「緩和ケア」2016年6月増刊号
普通の亡くなり方に近づけるためです

新城 拓也(しんじょう医院)

あらゆる苦痛緩和の方法をもってしても,苦痛が緩和されないがん患者は確かにいる。治療困難な苦痛に鎮静が許容されるには,その目的が苦痛緩和を目的としていること,多職種のチーム内であらゆるケア,治療がなされていることを確認し合うこと(相応性),また鎮静のほかに治療の方法がないこと,また患者,家族の意思の確認(自立性)が前提となる。特に,患者,家族に鎮静の益(ベネフィット)と害(リスク)を医療者は説明したうえで実行する。当然リスクはやや強調されて説明される。患者は意識がなくなれば,そのまま意識の回復がないまま死に至るであろうこと,また鎮静を開始した直後に,呼吸,循環状態が急速に悪化し,死に至ることもあることが説明される。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る