緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > わがままを教えてください

「緩和ケア」2016年6月増刊号
わがままを教えてください

高山 良子(神戸市看護大学看護学部)

われわれは患者さんと援助関係を築く時に,「我慢せずに何でも言ってくださいね」という言葉をよく口にする。本当に我慢せずに何でも言える環境をわれわれは整えているだろうか。そう言われても,我慢してしまうのが患者さんではないだろうか。もっとその人本来のニーズやあきらめているかもしれない希望を引き出したい。そういう思いから,使い始めた言葉が,「わがままを教えてください」である。この言葉を伝えた時の患者さんの表情がとても興味深い。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る