緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 一緒に考えましょう

「緩和ケア」2016年6月増刊号
一緒に考えましょう

平松 瑞子(市立吹田市民病院医療相談室)

みなさんは,誰かに相談をした際に「一緒に考えましょう」と言われたら,どのように感じるだろうか。「一緒に考えましょう」という言葉は,医療現場でなくても,われわれが普段,ふつうに使っている言葉である。そんな何でもない言葉を今回のテーマに選んだ理由は,筆者が何気なく使っていたにもかかわらず,患者の家族より「一緒に考えましょうと言ってもらったことで勇気づけられていました」と言われたからだ。そこで,なぜ自分はこの言葉を使ったのか,なぜこの言葉に力があったのか,改めて考えてみることにした。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る