緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 笑って過ごせるようにお手伝いさせてください

「緩和ケア」2016年6月増刊号
笑って過ごせるようにお手伝いさせてください

林 ゑり子(藤沢湘南台病院看護部)

「笑う」は,うれしい,おかしいなどの気持ち(感情)の表現の1つである。「笑って過ごせるようにお手伝いさせてください」に含まれるメッセージの意図は,今,感じている苦しみ,寂しさ,悲しみなどの「気持ち(感情)」への「共感」を示す。がんの症状や,抗がん治療による苦悩,厳しい病状説明,入院環境の苦難の中で,患者は,いろいろな「気持ち(感情)」を体験する。「笑って過ごせるようにお手伝いさせください」は,医療者として,人として,「気持ち(感情)」へのケアに焦点をおいた言葉であると考える。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 Suppl

緩和ケア 2016年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る