緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親をもつ子どもへの支援の現状と課題

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親をもつ子どもへの支援の現状と課題

小澤美和(聖路加国際病院小児科,医師)

がん診療においては,家族は第2の患者として支援が必要な対象であることが唱えられ,家族をも含めたトータルケアの必要性が精神腫瘍医学の領域で推奨されてきた。しかしながら,家族に自立前の子どもが含まれていた場合,家族支援の対象には入れられず,子どもの対応は家族に任せられてきた。しかしながら,その家族もまた子どもの対応に悩んでいる現状がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る